ハロウィンは鍋料理で盛り上がろう!

毎年10月31日はハロウィンです。日本でも年々盛り上がりを見せていますね。子どもだけでなく、大人たちも仮装をしてパレードに参加したり、パーティーを開いて楽しむハロウィン・ナイト。今年はみんなでハロウィン鍋を囲んで過ごしませんか?

そもそもハロウィンって?

ハロウィンはもともと、古代ヨーロッパの原住民であるケルト人の風習で、秋の収穫を祝い、悪霊を祓う行事でした。10月31日には死者の魂や精霊、魔女などが地上をさまよう日と信じられ、魔物たちから身を守るために人々は仮装したのです。

ケルトの人たちはカブの一種である「ルタバガ」という根菜をくり抜いた提灯を魔除けとしていました。やがてケルトの風習とキリスト教の万聖節が結びつき、ヨーロッパからアメリカに伝わると、魔除けの提灯は手に入りやすいカボチャに変わりました。

ハロウィン鍋には何を入れる?

ハロウィンといえば、オレンジ色のカボチャの提灯「ジャック・オー・ランタン」がおなじみですね。そのほか、代表的なモチーフは、おばけ、魔女、黒猫、ゾンビ、ガイコツ、棺桶など。死者や魔物、ということから、何となくホラーなイメージを思い浮かべると良さそうです。

これらのモチーフを取り入れて、手近な食材でハロウィン鍋をデコりましょう。お菓子の型抜きを使えばカンタンです。

ハロウィン鍋のアイデア

★ 人参やパプリカをくり抜いてジャック・オー・ランタン、月や星に。
★ はんぺんやかまぼこ、チーズ、なす、じゃがいもでガイコツや棺桶に。
★ ウィンナー、ソーセージをミイラ男、ゾンビの指やおばけに。
★ 顔の部分には、ブラックオリーブ(種抜き)、なすの皮、のりなど黒い食材を。

ハロウィン鍋の味付けは?

モチーフが揃ったら、鍋の底に肉や玉ねぎ、ジャガイモ、キャベツなどの食材を入れ、その上に並べます。具材が少ないと、スープを入れたときに動いてしまうので要注意! 鍋に具材を並べたら、端の方から静かにスープを注ぎます。
SNS用の写真を撮る人は、ここでどうぞ。鍋を火にかけてしまうと、彩りもかたちも変わってしまいますから。

ハロウィンは欧米の行事ですから、味付けは洋風のトマトベースをおすすめします(赤い色はドラキュラやホラーのイメージもありますし)。鮮やかな食材が映えるクリーム系のスープもよさそう。もちろん、意外性を狙って和風スープでも。和風なら、デコ鍋の定番食材、大根おろしを使うことができますね。

関連商品紹介

  • Bistro Dish 完熟トマト鍋スープ Bistro Dish 完熟トマト鍋スープ
  • トマトで作るミネストローネ用スープ トマトで作るミネストローネ用スープ
  • かぼちゃで作るポタージュ用スープ かぼちゃで作るポタージュ用スープ

加藤いづみ

著者

加藤いづみ

コピーライター、ディレクター。15年にわたってPR誌の取材で全国各地に赴き、その土地の文化、風土、食などを体験してきた。また。料理記事の企画、撮影コーディネート、ディレクション多数。休暇には国内外に住む友人を訪ねて旅行することが多い。自分で作る料理は、イタリアン、エスニックが好き。