芋煮鍋

普段は脇役の里芋を主役に使った、おいしいふるさと鍋です。
ごぼうや人参、きのこなどの野菜をふんだんに加え、菜の匠 きのこ鍋用スープを使った滋味深いメニューです。

print
所要時間
45分~60分

材料

  • (3~4人前)
  • 里芋

    8個(約400g)

  • 人参

    1/2本(約100g)

  • ごぼう

    1本(約200g)

  • 長ねぎ

    2本(約200g)

  • しめじ

    1パック(約100g)

  • こんにゃく

    1袋

  • 牛肉(もしくは豚肉)

    250g

  • 菜の匠
    きのこ鍋用スープ
    芳醇醤油味

    1パック

作り方

  • 里芋は皮をむき、人参は薄切り、ごぼうはささがき、長ねぎは斜め切りにします。

  • しめじは石づきを取って小房に分け、こんにゃくと牛肉は一口大に切ります。

  • 「菜の匠 きのこ鍋用スープ 芳醇醤油味」をよく振ってから鍋に入れて軽く煮立たせ、里芋、こんにゃくを加えます。

  • 再び煮立ったら、残りの材料を加え火が通ったらできあがり。

里芋

皮をむくとき手がかゆくなることがあります。
そんなときは、重曹、塩、酢などを手につけるとかゆみを防ぐことができます。