「生パック すき焼割り下」で作るすき焼

「生パック すき焼割り下」で作る基本のレシピです。 素材の鮮度と風味を活かすため非加熱で充填した「生パック すき焼割り下」で、すき焼きを楽しみましょう。

print
所要時間
20分~30分

このレシピで使った商品

材料

  • (2~3人前)
  • 牛肉

    200~300g

  • 白菜

    1/8株(約200g)

  • 長ねぎ

    2本(約200g)

  • きのこ

    1パック(約100g)

  • 春菊

    適量

  • しらたき

    1/3袋(約100g)

  • 焼豆腐

    1/2丁(約150g)

  • 牛脂

    適量

  • 生パック すき焼割り下

    適量

作り方

  • 長ねぎを焼く
    熱した鍋に牛脂を入れ、長ねぎ(1本分)を加えて焼き色をつけます。

  • 肉と長ねぎを味わう
    肉を加えてサッと焼き、「生パック すき焼割り下」を適量加えてお召しあがりください。
    ※焼いて食べるお肉は半量が目安です。

  • 肉と野菜を煮込んで味わう
    肉以外の材料、「生パック すき焼割り下」を加えます。
    最後に肉を加え、材料に火が通ったらできあがり。

※はじめに肉を焼かず、鍋に材料と本品を加えて煮込んでもおいしく召しあがれます。
※「生パック すき焼割り下」はうすめずそのままご使用ください。
※煮つまったら、お湯(またはだし汁)で味をととのえてください。
※割り下は材料の量に合わせて、数回に分けてご使用ください。
※調理時に油や調味料がはねることがありますので、十分にご注意ください。

おすすめのしめ

残ったつゆで「うどん」または「おじや」をご堪能ください。