クリスマスには鍋ディナー

クリスマスディナーは、どんなお料理にしますか? いつもより、少しあらたまった鍋料理を用意して、食卓を彩りよくコーディネートしてはいかがでしょう。おなじみの鍋料理も、あらかじめ一人分ずつ取り分けることで、ごちそうディナーに変わります。

ポトフはスープ+メインディッシュの二品に

ふだんの晩ごはんなら、ポトフはスープと具を一緒に盛りつけるところですが、クリスマスディナーはフランス風に、スープと具を分けて供しましょう。
スープはスープ皿に。肉や野菜は、ディナープレートや大皿に盛りつけて、マスタードなどの調味料を添えていただきます。

ミートボールとチーズでアツアツ完熟トマト鍋

クリスマスのトマト鍋は、大人も子どもも大好きなミートボールを入れてボリュームのある一皿に。
ミートボール、マッシュルーム、ジャガイモ、ズッキーニなどを入れて、ローリエを入れて煮込みます。仕上げは、ピーラーで薄く削いだパルミジャーノチーズで飾りましょう。

シーフードが入った味わい豊かなスープパスタ

クラムチャウダースープに鮭やエビなどお好みの魚介と野菜を入れて鍋で温めます。
茹で上げたパスタを加えれば、簡単で、しかもコクのあるスープパスタの出来上がり。ショートパスタなら貝の形をしたコンキエリ、ロングパスタならスパゲッティまたはリングイネがおすすめです。

アイオリソースを添えて、本格ブイヤベース

ブイヤベースに使う魚介は、市販の「海鮮寄せ鍋セット」を使えば、数種類の魚介類が少量ずつセットになっているのでムダがありません。
この時期、各地からのお取り寄せを楽しむのもいいですね。ブイヤベースにはガーリックトーストとアイオリソースを添えて南仏風の演出を。

アイオリソースの作り方

材料

卵黄1個
オリーブオイル大さじ2
にんにく1片

(A)レモン汁大さじ1
(A)砂糖少々
(A)塩少々

作り方

①にんにくをすりおろす。
② ①に塩と卵黄を加えて泡立て機で混ぜ合わせる。
③オリーブオイルを少しずつ加えながら攪拌し、空気を含ませながら混ぜる。
④ソースが白っぽくもったりしてきたら、Aを加えて味を調える。辛味が欲しい場合はマスタード(分量外)を加える。

※フードプロセッサーがある場合は、おろしにんにくとほかの材料を入れて撹拌する。
※アイオリソースは魚介につけて食べたり、ガーリックトーストに塗ったり、あるいは生野菜を添えてディップにしても。

関連商品

  • Bistro Dish ポトフスープ Bistro Dish ポトフスープ
  • Bistro Dish 完熟トマト鍋スープ Bistro Dish 完熟トマト鍋スープ
  • BISTRO FISH クラムチャウダースープ BISTRO FISH クラムチャウダースープ

  • 地中海風 ブイヤベース 地中海風 ブイヤベース

加藤いづみ

著者

加藤いづみ

コピーライター、ディレクター。15年にわたってPR誌の取材で全国各地に赴き、その土地の文化、風土、食などを体験してきた。また。料理記事の企画、撮影コーディネート、ディレクション多数。休暇には国内外に住む友人を訪ねて旅行することが多い。自分で作る料理は、イタリアン、エスニックが好き。